最新ダイソン掃除機V10とv8の比較や口コミ!モデルの違いも!

ダイソンの掃除機と言えば、吸引力が特長ですよね。
ヒルナンデスで、なんと最新モデルのV10のダイソン掃除機が発売されたとの紹介がありました。

既にV8を持っている釈由美子さんも、実際に手に取って使っていましたね。

そんな最新モデルのダイソン掃除機V10について、詳しく説明します。

ダイソン掃除機V10 V8との比較! 違いは?

最新モデルという事で、まずは前モデルとの違いを確認しておきましょう。

V10は、V8よりも吸引力がより強くなりました。
また、充電時間が5時間から3.5時間と短くなり、最長使用時間が40分から60分へと長くなりました。

本体の重さも、2.61㎏から2.58㎏と、若干軽くなっています。

v10はv8と比べて、全体的に進化しているようですね。
より便利になった印象です。

ダイソン掃除機V10 口コミは?

v8から進化したV10シリーズ、違いは何となく分かったけど、実際のところどうなのか気になりますよね。

実際に購入して使った方の口コミを見てみましょう。

吸引力がすごい
・v8よりも吸引力が上がっているのを感じました。
・3段階強度の真ん中でも十分な吸引力でした。
・布団を掃除したら、ダストボックスがハウスダストで真っ白になりました。
・ヘッドに毛が絡まりません。
・大きなゴミも小さなゴミも吸いまくります。
・吸引力が最高です。

静か
・とんでもなく静かで驚きました。
・v8よりも静かです。
・通常モードで掃除しても、昼寝中の子供が起きませんでした。

便利で使いやすい
・V10は長時間使用可能なので、1度で掃除が終わるから楽です。
・ワンタッチでゴミを捨てられるのでいいです。
・使いやすさに感動です。
・一時間持つので、安心して使えます。

とにかく吸引力がすごい、音が静か、という2つの口コミが目立っていました。
布団やカーペットなども、かなりゴミが取れるようです。

ダイソン掃除機V10 モデルの種類は?

ダイソンV10シリーズには、4つのモデルがあります。

Fluffy  フラフィ
Fluffy+ フラフィプラス
Animal+  アニマルプラス
Absolutepro コンプリートモデル

です。

主な違いは付属品です。
付属されているものによって、それぞれできることが微妙に変わってきます。

ダイソン掃除機V10 基本的な機能は?

モデルに関わらず、ダイソンV10全てに共通する機能を説明しますね。

・最長使用時間60分
・充電時間3.5時間
・手軽にハンディクリーナーに切り替えられる。
・3つの吸引モード
・本体やツールを収納しながら充電できる。
・ゴミに触れずに簡単に捨てられる。

共通する付属品は、

・収納用ブラケット
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・ミニ モーターヘッド

です。

コンビネーションノズルは、先端にブラシがあるので、用途によって出したり引っ込めたりできます。
ミニ モーターヘッドは、ナイロンブラシが、ベッド、布団、ソファなどに入り込んだゴミや髪の毛を取り除きます。

あとはモデルによって付属品が違うので、出来る事が変わってきます。

次からそれぞれ説明していきますね。

ダイソン掃除機V10 Fluffy  フラフィ

フラフィは、一番付属ツールが少ないモデルです。
なので、ダイソン掃除機V10シリーズの中では、一番安いです。

スティック時の本体重量は2.58㎏あります。


付属品としては、共通するものの他に

・ソフトローラークリーナーヘッド
・ミニ ソフトブラシ

が付きます。

ソフトクリーナーヘッドは、柔らかいブラシなので畳やフローリングに優しいヘッドです。
ミニソフトブラシは、ブラインドなどのデリケートな表面のホコリを優しく掃除できます。

ダイソン掃除機V10 Fluffy+ フラフィプラス

こちらのフラフィプラスは、フラフィより2つ付属が多いモデルです。
しかし、フラフィの2つの付属品に2つ増えたというわけではなく、中身は違います。

スティック時の本体重量は、フラフィと同じく2.58㎏です。


付属品は、共通するもの以外に、

・ソフトローラークリーナーヘッド
・フトンツール
・延長ホース
・アップトップアダプター

の4つが付いています。
ソフトローラークリーナーヘッドはフラフィと同じですが、あとは違いますね。

フトンツールはお布団やクッションからハウスダストを取り除くのに使います。
延長ホースは届きにくい場所のお掃除に便利です。
アップトップアダプターは、手の届いにくい高いところをお掃除する時に使えます。

ダイソン掃除機v10 Animal+  アニマルプラス

こちらのアニマルプラスは、フラフィプラスと同じ数の付属品がついています。
数は同じですが、中身は違います。

スティック時の本体重量は、アニマルプラスだけ2.48㎏です。
100gだけ軽いんですね。


付属品は、共通するもの以外に、

・ダイレクトドライブクリーナーヘッド
・フトンツール
・延長ホース
・アップトップアダプター

の4つです。

フラフィプラスとの違いは、ダイレクトドライブクリーナーヘッドになっているところですね。
ダイレクトドライブクリーナーヘッドはブラシが固いので、カーペットやじゅうたんにオススメのヘッドです。

ダイソン掃除機v10 Absolutepro コンプリートモデル

こちらは一番付属品が多く、一番お値段も高いモデルになります。
その分使える機能がたくさんあるので、一番便利で使いやすいモデルです。


付属品は、共通するもの以外に、

・ソフトローラークリーナーヘッド
・ダイレクトドライブクリーナーヘッド
・ミニ ソフトブラシ
・フトンツール
・延長ホース
・アップトップアダプター

の6つです。

フラフィにしかついていかなったミニソフトブラシや、アニマルプラスにしかなかったダイレクトドライブクリーアヘッドも付いています。
全ての付属が付いた完璧なモデルです。

ヘッドが2つともついているから、畳やフローリングの時はソフトローラークリーナーヘッド、
じゅうたんやカーペットの時はダイレクトドライブクリーナーヘッドと付け替えれば、どちらもお掃除できますね。

さいごに

さらに進化してパワーアップしたダイソン掃除機のv10、すごいのは吸引力だけではなかったですね。

静かなのも助かりますし、短い充電時間で一時間も使用できるのはとても便利です。

畳が多いか、じゅうたんやカーペットが多いかによって使うモデルは変わってきそうですが、
同じくらいの面積だったらコンプリートモデルを買ってしまえばいいですよね。

ダイソンの掃除機を使って、楽しくお掃除しておうちを綺麗にして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする